FC2ブログ

空気清浄機到着


ACM75H箱

この前注文したダイキンの空気清浄機ACM75Hですが、先日到着しました。

ちなみにコチラで購入しました。
価格.comで最安値だったのと、延長保障もあったので。
注文してから2日くらいで到着しました。

続きを読む

スポンサーサイト



井の頭公園 夜桜

あっという間に満開になった今年の桜ですが、せっかくなので近所の井の頭公園に花見に行ってきました。




井の頭公園

この日は昼間に新宿→渋谷と所用で出かけていたので、そのまま井の頭線で井の頭公園駅まできました。
何気に井の頭公園駅使うのは初めてです。






夜桜

肝心の桜ですが、あまりライトアップされているところがなく、公園の外灯でたまたま見えるという感じが大体でした。ココは昼間見にくるほうが良いですねきっと。






夜桜ライトアップ

そんな中、一番ライトアップされてた場所の写真がコレです。
三脚なんて持ってないので木にもたれかかって必死に撮りましたww
しかしやはり手ブレしてしまいました。。。





人混み

花見のメッカだけあって人もかなり多かったです。



正直、人混みに疲れて軽く歩いただけで帰ってきてしまいました。
都会の花見は疲れるなぁ。

National Cash Register

オークション見てたら、ちょっと面白い商品を発見しました。




harley-ncr1



harley-ncr2



harley-ncr3



1920年代にハーレー社から販売されたNational Cash Register製のレジですと!?

続きを読む

ウインドジャマーズ製チャンバー

前回の日記で書いたとおり、自腹でベスパのチャンバーを買いました。


ベスパ用のチャンバーはITALYはじめヨーロッパ製がほとんどなんですが、なんせうるさい。
チャンバーなんだからうるさいのは当たり前だろと思うのですが、とにかくうるさい。

毎日通勤で乗る身としてはうるさすぎるのは疲れるし、今度引っ越す先は閑静な住宅街なんで毎日爆音撒き散らして出勤してたら100%苦情がきますw
元々ベスパはノーマルマフラーですら結構音でかいですしね。


だったらチャンバーなんて買わなきゃいいじゃんてことなんですが、
ノーマルマフラーだとやはりかったるいフィーリングだし2スト生かしきれてないんですよねぇ。


そんなわけで、うるさくなくパフォーマンスも上がるチャンバーってないのかな~と探したところ、ありました。



それが株式会社ベスパとウインドジャマーズで共同制作したこのチャンバー
ヨーロッパ製のチャンバーよりかなり静かで、かつパフォーマンスはそっちより良いとのこと。
国産だけにほぼポン付けでつき、キャブ調整もノーマルのままで大丈夫とのこと。

ただこのチャンバー、PX200用だと5万弱ぐらいし、しかも生産が月数本と結構レアらしい。
ベスパに5万はちと高いな~なんて思ってたところ、




奇跡的タイミングでヤフオクで出品されていました!!




これはオレに買えってことだよね??と自分に言い聞かせ、見事落札。
出品者の方自動延長を忘れていたようで、他の競合者をあざ笑うかのように残り1秒入札で一発ゲットしました。






ベスパ ウインドジャマーズチャンバー①

オークションに出品されていたこのチャンバーは、新品未使用だが長期保存によりちょっとサビが出ているとこのことでした。しかし思ってたほどサビもひどくなく全然綺麗でした。
これを定価の半額以下で買えたのはラッキーでした。




ベスパ ウインドジャマーズチャンバー②

このバッタの腹のようなフォルムがたまらないです。




ベスパ ウインドジャマーズチャンバー③

サイレンサーはカーボン製。他にアルミ製のもあるらしいです。
ずっと使っていると音が大きくなってくるらしいのですが、中のグラスウールを交換すれば新品時に戻るらしいです。



ベスパは毎日通勤で使っているので、とりあえずGWあたりに装着しようかなと思っていますが、
問題は装着するにあたりこのマフラーを耐熱黒塗装するかどうか。

というのも、新品時に吹いてあるクリアー塗装はすぐ取れちゃうらしいのです。
となるとサビが一気にくるわけです。しかしこのむき出し感も捨てがたい。。。
とりあえずクリアー塗装の上塗りでもしておこうかな。

空気清浄機

去年かな?嫁さんがついに花粉症発症してしまい、今年はとくに辛そうにしているので、空気清浄機を買うことにしました。
ボクも花粉症ではないけどハウスダストと鼻炎もちなのでね。

そんなわけで、どんなのがいいか軽く調べた結果、ダイキンのACM75Hというのを買うことにしました。三菱のMA-837も迷ったんですが2chの評価がイマイチだったので却下www
といっても、同価格帯ではこの2つがやはりお勧めっぽいです。


実は、今月冬のボーナスのインセンティブ分が支給されたんですが、ボクの部署は所属が海外なんで、そっちの売り上げがよかったらしく結構もらえて懐ホクホクになりました☆

で、空気清浄機を買うことになったわけです。引越し控えてるんであまり使えませんしね。


しかし、空気清浄機は主に嫁さんが必要としているわけで、毎月の給料のみならずボーナスすら全額家庭に入れているボクとしては、オレだってなんか欲しい!


ということで、なんとベスパのチャンバーを買ってしまいました!!











自分のお小遣いでですけど(涙)




なんなんだこの不条理は。

引越

横浜から越してきて5ヶ月、さらにまた引越しすることになりそうです。。
やっぱりバイクは家にないと弄る気力も乗る気力も半減してしまうので。。

とりあえず、見積もりサイトの自分用リンク↓











<div

ベスパ ウインカー故障

毎日通勤に使っているベスパですが、先日突然リアの右側ウインカーのみ点かなくなりました。
ベスパはウインカーに異変があると、メーター横のウインカー点灯時カチカチ光るランプが点灯しなくなり、また異常な側(今回の場合右側)の正常なほう(今回の場合フロント)の点滅が極端に遅くなるので異変自体はすぐに気がつきました。
しかし、気がついたのが夜の帰り道だったので、明日出勤前にチェックしようと思いそのまま夜の環八をつっきって帰ってきました。


そして翌日、朝っぱらからばらしてまずはバルブをチェックしてみたのですが問題なし。
となると配線だなということになるのですが、ベスパのリアウインカーはちょっと特殊な構造をしていて、ウインカー自体は取外し可能なサイドパネルについているんですが、そのサイドパネルをはずしても本体から何の配線も繋がっていないんです。
どういうことかというと、サイドパネルを本体にはめる鉄の突起のひとつが配線代わりをし、本体側のへこみにも電源が来ている穴があってそれと突起をジョイントすることで電源をウインカーに送っているんです。
これを接触型というらしいんですが、確かにこれなら配線を本体から引いてくる必要がなくすっきりしますね。ところが、この接触型が災いして接触不良によるウインカー不点滅もよくあるらしいですwwwww
一応布の切れ端で接触部分を磨いてみたりしましたが接点復活剤も電気がどこまで来ているのか調べるための電圧計もみんなガレージにおいてあるので、取りに行くのもめんどくさく、この時点で今日の帰りショップに見てもらうことにしちゃいましたw
ベスパ屋さんの工賃はほんとハーレーと比べると安いのですぐ妥協してショップに任せちゃいますwww


そんなわけで朝のうちには原因が判明せず、解決もしなかったわけでなんだよ~とか思いながら帰宅。そんな話しを嫁に愚痴りながら朝飯を食ってると、嫁がひとこと。




「なんかすごくうれしそうだねwww」




いや、原因が判明せずこれから右折時ウインカーなしで悪魔のような渋滞の環八を通って通勤しなきゃいけない状態だってのにうれしいわけないだろjk

でも、確かにバイクを弄ること自体はとても楽しかったような気が。都内に引っ越してきてからほとんぼバイク弄ってないからなぁ。
ハーレーはバイクガレージに置いてありますがやっぱ自宅と距離があるとそのガレージに行くのがめんどくさい。昔のようにおきてすぐ半寝ぼけ状態で弄ってた頃が懐かしいw

そんなわけで、そろそろ家でも建てちゃおうかな?
いや、無理ですけどねwwwwww





そんな話しはさておき、いつもお世話になってるベスパ屋さんに行ってみてもらったら、アース不良でした。
前述のようにウインカーはサイドパネルについててサイドパネルは取外し可能なわけで、ウインカー自体のパネルはサイドパネルにアースを取り、サイドパネルから本体へは取り付け時に引っ掛ける針金みたいなやつでアースを取っているのですが後者の部分のアース不良だったわけです。
当該場所をシコシコ磨いてもらって、完治。お昼代くらいの工賃のみで済みました★


さて、修理してもらってる間お店にあるベスパをじっくりと見ていたんですが、ほんとボクは懐古主義なのかって思うくらい、ビンテージベスパに眼が行ってしまいました。でもやっぱりビンテージものは洗練されたフォルムと雰囲気が抜群によいね。
そんななか、ビンテージベスパ以上に魅力を感じたのが、ランブレッタ。
まぁハーレーでいうところのインディアンみたいな存在で、インディアンと同じようにバイクブランドしてはダイブ昔に消滅し(多分70年代くらい)、これまたインディアンと同じくアパレルブランドとして名前が残っているみたいです。




ランブレッタ

ランブレッタ2

ランブレッタ3





今は通勤で毎日ハードな乗り方しているのでビンテージに乗り換えるわけにはいかないし、今もっているPXもベスパ最後のハンドチェンジもでるなのであまり手放したくはない。
というわけで、買い増しが一番最適な手段ではないか!!
値段も60万~くらいなので、お小遣いからローン組めないかなぁw

近々趣味用のチャリも買う予定だし、なんでこうも車輪のあるものに興味が惹かれてしまうのだろうか。まさにWheel Junkyだね。
マジで買ってしまったらブログのタイトルそれにしようwww

アライ(Ripen) エアライズ

今使ってるスノーピークのテントはコンパクトな割りに広くて使い勝手がよいのですが、それでもやはり重量が6kgあり、結構かさばるのでテントを買い換えることにしました。

去年くらいからMSRのマザ・ハバ を狙っていたんですが、なんと超運のよいことに海外の通販サイトで閉店セールで250ドルで売っていたので即注文しちゃいました。これ、日本で買うと7万ぐらいですがアメリカで買っても400ドルくらいなのでかなりお買い得です。



・・・ところが、注文してから1週間経ってから、日本への発送はできませんと悲しいお知らせが(涙)
どうやらMSRとの契約で国外発送できないようになっているみたいです。



マザハバは日本で買うには高すぎるのでは無理だろうということで、久しぶりに各メーカーのテントを比較し、アライ(Ripen)のエアライズ3 DXフライ仕様 を買うことにしました。結構色々調べたので機会があればいつか選考漏れしたテントも紹介したいと思います。






エアライズ3 DXフライ仕様

メーカーサイト


最終的にエアライズ3に決めたのは、まず現在使っているスノーピークのランドブリーズ4(旧モデル)と大きさがほぼ同じ(てかちとデカイ)で、重さが半分になるという点です。DXフライ仕様でたった3キロしかありません。
通常仕様のエアライズ3だとポールも最新式なので2キロという超軽量。この重さで大人3~4人が眠れるわけです。

バイクなんだから多少の重さは関係ないといえば関係ないんですが、ノースフェイスのボストンバッグに全部一まとめに入れているので今の状態だとテントまでバッグに入れるとかなりパツンパツンなんですよね。あと、バイクから降ろした後運ぶのがまじしんどいwww

それと、やはり前室は必須だと思うので、前室も大きなポイントです。
他の選択肢に上がったテントはみな、軽さと広さは文句なしでしたが前室がないのがほとんどなので選択肢からはずれたってのが結構多かったです。

あと、アライのテントは補修パーツとか充実しているし山岳用テントなので信頼性も高いですしね。




そんなわけで早速注文し、あっという間に到着しました。






スノーピークとエアラズ3

早速スノーピークのテントと並べて比較してみました。
スノーピークのも決してでかいわけじゃなく、むしろ一般的に見たらコンパクトなんですが、それをはるかにしのぐコンパクトさです。




エアライズ3分解

左側がテント本体、右側がフライシートです。

全室なしのエアライズ通常版だと左側だけになるのかな?





ところで、今回テント買うに当たりやはり安いほうがいいよねってことでかなりネット上を探したんですが、はほぼ99パーセントが定価販売でしたorz
エアライズ3DXフライ仕様は定価だと56700円ですが、しょうがないかな~なんて思ってたところ、とんでもなく安売りしているショップを発見しました。




山渓オンラインショップ





なんと、他はどこも定価販売しているところ、48195円、つまり15%引きで売っているではないですか。
しかも、注文した後に気づいたんですが、店頭在庫とかじゃなくてメーカー取り寄せなのでもろ新品です。

で、他の候補に挙がったテントとかその他キャンプ用品なんか見てみると、どれもこれもかなり安い。
1万円以上買えば送料無料だし、この安さに加えてさらに5%のポイント還元があり次回の買い物に使えるというサービスの充実さ。


これは良いサイトを発見したぞということで勢いあまって他にもいくつか買い物をしてしまいましたw




グラウンドシート

Ripen アンダーシート3

エアライズ3用のアンダーシートです。
スノーピークのときはブルーシートを下に引いていましたが、ブルーシートって以外にかさばるので今回テント本体が安く買えたこともあったのでアンダーシートも購入しました。




シュラフカバー分解

モンベル ウォームアップシーツ

いつも嫁さんがシュラフだけじゃ寒い寒いといっているので、インナーシーツを買いました。
シュラフはモンベル のUL スーパーストレッチ ダウンハガー#4
を使っているんですが、さすがに買い換えるほどの資金力はないのでw




テントライト

コールマン LEDテントライトプラス

テント内用の照明は前から欲しかったのですが、丁度よくテントライトなるものがあってのでこちらも衝動買い。



テントライト分解

テントライトはマグネットで留めるようです。
結構協力なマグネットと金具なので、テントが傷まないようにラバーでも貼り付けようかと思います。






今シーズンのキャンプ準備も整ったので後はキャンプに行くだけですが、キックバック当たりが今年初キャンプになりそうです。

続きを読む

プロフィール

nappin

Author:nappin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR