FC2ブログ

MACH

1ヶ月くらい前に注文していた専門誌が届きました。












表紙

いつかは欲しいカワサキマッハの専門誌です。








ページ1



ページ2



ページ3



実車に乗ったこともないんだけど、学生の頃の友達で今は某モーターサイクル誌で編集やってる友達が確か250ccのマッハかKHかに乗ってた時期があって、バイト終わりに何度か一緒に走りにいったことがあります。
当時新車でドラスタを買いたてだったボクは、アメリカンとはいえ最新のバイクが古いちっさなバイクに白煙だけ残してあっさりと抜き去られていったインパクトと、残された白煙のあまーい匂いを今でも鮮明に覚えています。

まさに

「バックミラーでSSを見つけたと思ったらすぐさまブチ抜かれ、
大量の白煙を残して視界から消え去った」


というマッハ伝説を体現させられました。

それがってわけじゃないですが、一度は乗ってみたいと思っているマッハ。
とはいっても簡単に変える物ではないので
まずは知識からってことで今回購入してみました。













500SS

やはりマッハといったら初期型エグリタンクのH1です。
白、黒、赤とありますが最初期の白がやっぱいいな。
つい最近までは一番欲しいのがこれでした。





750SS

今一番欲しいと思うのはこっちです。750ccのH2。
リア周りは完全にこっちの方が好きなんですよね。
但し今の時点で、ってことなので将来どっちに転ぶのでしょう。
本当に買うなんてことになったら相当悩むでしょうね。

でも、パンヘッドかナックルでも買ったと思えば両方買えちゃうんですよね。多分。
両方欲しいです。。。








さて、今回買った本ですが、マッハのことだけじゃなくカワサキの歴史とかも載ってたりして、
結構読み応えがあります。


CB400Fを買って以降、雑誌はどっちかというと国産車系を読むことが
多くなり(ハーレー系のマンネリ記事に飽き足ってのもありますが)、
月刊誌のみならず他に70年代の国産絶版車を集めた本も持っているんですが、マッハに限らずこの年代の日本車は惹かれるものがありますねやっぱ。
造形美しかり、バイクとの対話感しかり(CBしか経験ないですが)、欧州に追いつきそして追い越していった時代背景しかり。


現行車でもクレイジーな見た目のZZ1400Rとかはそそられるものがありますが、
SS,アメリカンに限らず、過度の大排気量で性能が良すぎるバイクは
日本では扱いにくく、何より乗り手の許容範囲を超えてしまっては
バイクに乗せられる感が強くなってしまうのでなかなか触手が伸びませんね。
まぁ個人の好みの問題でしょうけど。
最近は600SSの人気が上がっているらしいのですが、
なんとなくうなずけます。







少し話がそれましたが、
最後は、ボクがよく見ているマッハの動画をいくつか。














当時映像だと思いますが、しびれまくります。








H2って750ccなのにキックオンリーなんですよね。
青もかっこいいなぇ。









完全なカスタム車。リジッドバーだし。








3速までウィリーしっぱなしという伝説もうなずけますね。







ヒデモのカスタムマッハですが、かなりやばいです。
ちょっ早やのチョッパーってかっこよすぎます。







純粋にオトコ心をくすぐられますねマッハは。やべ~
スポンサーサイト



プロフィール

nappin

Author:nappin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR